スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


六厘舎



『流石』の一言です。

たまたま注文出来たお取り寄せの『六厘舎』のつけ麺。

店にも行った事が無いので、初体験でした。

正直ちょっと感動してしまいました。

浅草『開花楼』の麺もかなり美味しかったですが、スープとの絡み、スープの旨味、バランス、病み付き度、など全てにおいて想像以上でした。

今度は店で食べてみたい!!
スポンサーサイト


ラーメンの進化論

『本枯中華そば魚雷』入口 看板に魚雷が・・
201002121058000.jpg

うわさのサイフォン式です
201002121105000.jpg

まずは素ラーメンで その後にトッピングを乗せて食べます
201002121109000.jpg

全粒粉の粒が麺の中に見えます
201002121111000.jpg

脇坂さん&英司さん♪
201002121136000.jpg

使用しているこだわり素材が書いてあります
201002121138000.jpg

こちらも見た目は普通の塩ラーメンですが、レモングラスの香りがします
201002121152000.jpg

これがマサ配合自家製麺です
201002121154000.jpg


『私はかなりのラーメン好きで、話題の店には結構行っています』と昔は自信を持って言ってました。

が、今ではラーメンの進化に全く着いて行っていない事に気付かされた1日でした。

『ガチャガチ屋』と『もも吉』がお世話になっている鰹節など出汁素材専門卸しの『脇坂商店』の脇坂さん。
美味しいお店の情報を良~く知っています。

その脇坂さんから『変わった提供の仕方をする美味しい中華そばの店がある』と聞き、エイジアキッチン?の英司さんと脇坂さんとの3人で行って参りました。

待ち合わせの春日駅から約5分、大きな魚雷を看板にした『本枯中華そば魚雷』に到着です。

サイフォン式を取り入れて出汁を取ると聞いていたのですが、全く想像がつきません。

実際見ても理屈が良くわかりませんが、出て来たラーメンはとても美味しかったです♪

『春ゃ恋』と言う強力粉をブレンドした麺は香り・甘み・食感の全て抜群で、かなり私の好みでした!

近くにあったら間違いなく通ってしまいますね。



次に向かったのは、駒込にある『西尾中華そば』。

こちらはカウンター7席のこじんまりしたお店で、店主の西尾さんが1人で営業されています。

11時半ながらちょっと並んでから店内へ。

こね日はアサリ出汁の塩ラーメンでの営業でした。

こちらもあっさりながらチャーシューからも旨味がスープに出て、物足りなさは全く無く美味しかったです。

麺はマサ(とうもろこし粉)配合自家製麺と書かれていたので楽しみにしていたのですが、食感も良くスープとの絡みが抜群でこちらも美味しかったです♪

今度は醤油味の時に行ってみたいです。



脇坂さん、面白い店を紹介して頂いてありがとうございました!
ラーメンの進化に刺激をもらったので、『ガチャガチ屋』のうどんも進化させます。


昼麺

1264402865-201001251204000.jpg

やってしまいました。

道端でばったり店主神田君の奥様&お子さんに会い、銀行近くで店主本人に会い、つい『後で寄ります』と私。

1264402865-201001251208000.jpg

はい、言い訳です。

替玉もしてしまいました。

1264402866-201001251209000.jpg


日光を浴び光り輝く麺です。

以前よりスープがすっきりし、麺もが少し軽い感じがして美味しかったです!


プロフィール

リョウタ

Author:リョウタ
新・リョウタの小麦粉日記へようこそ!

こんにちは、吉祥寺「ガチャガチ屋」「もも吉」の岡村リョウタです。

今日も美味しい小麦粉を求めて彷徨います。

三多摩地区から小麦粉王子「リョウタ」がお届けします。

どうぞ、お気軽にコメントください。

グッドファットのサイト

グッドファット・オフィシャルサイト


別館ガチャガチ屋サイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。